日本咬合臨床研究所
お問い合わせ

東京
東京都中央区銀座4丁目5-1-301 聖書館ビル
丸ノ内・日比谷・銀座線「銀座駅」徒歩3分

大阪
兵庫県芦屋市大原町11-24 ラポルテ北館2階
JR神戸線「芦屋駅」徒歩3分

全身健康を考えた咬合医療

全身健康を考えた咬合医療

様々な全身の不定愁訴が、顎ずれ・咬み合わせ・顎関節症を治すことで、その場で軽減・消失も。

顎のずれで、首の関節もずれ、頚椎、胸椎、肩関節と伝わり、首や肩の凝り、腰痛、頭痛などを引き起こします。頚椎がずれると、脳への血流が阻害され、また、脊椎の神経を圧迫し、手足の冷えや便秘、さらには精神バランスの悪化までも引き起こします。

しかし、顎のずれを治して正しい咬み合わせにすると、多くの心身症状や悩みが改善されたり解消されたりします。これまで30年以上で1万人以上を治療した経験からも咬み合わせが全身の健康に大きく関わってることを突き止めました。

そして、咬み合わせを治すことで、様々な不定愁訴が即座に軽減・消失するのは、丸山咬合医療は脳に働くからです。これは脳科学者澤口俊之先生との共同研究で証明されています。

こんなことで
お困りではありませんか?
身体の不調
  • 肩こりがひどい
  • 首・足・腰・背中が痛い
  • 見えづらい
  • 胃や腸がしんどい
  • アゴが痛い
  • うまく咬めない
  • 顔がゆがんでいる
  • 鼻づまり・いびきがある
心の不調
  • 気持ち・心が不安定
  • 集中力が落ちた
  • すぐ疲れる
  • 眠れない
  • 老いを感じる
  • 覚えられない
  • 何もする気がしない
  • イライラする

これらの体や脳(心)の不調は、
顎のズレや歪み
大きく関わっています

当院の丸山咬合医療では、かみ合わせ治療によって、顎のズレや歪みを正しい位置に導くことで脳に働きかけ、血液の流れや筋肉硬直を改善することで、症状を軽減・消失させます
丸山咬合医療の
咬み合わせ治療メニュー
全身のための咬み合わせ治療
全身のための咬み合わせ治療

01 健康を取り戻したい

かみ合わせ治療によって、体全体や脳(心)を健康へと導きます。結果的に患者様からスポーツ能力の向上や学業成績の飛躍的な向上を得られたという喜びの声がよく聞かれます。

よく噛めるための咬み合わせ治療
よく噛めるための咬み合わせ治療

02 よく咬んで食べたい

食事をおいしく味わえることは、人生の喜びです。食べるためのお口の機能を取り戻すため、正しい咀嚼運動に基づいたかみ合わせ治療行います。

顔の歪みを治すための咬み合わせ治療
顔の歪みを治すための咬み合わせ治療

03 顔のゆがみを治したい

近年、顔のゆがみを訴える患者さんが増加しています。当院では「丸山式審美顎矯正法」の装置を用いることで、外科矯正を行わずにかみ合わせの異常により生じた顔の歪みの治療を行っています。

顎関節症のための咬み合わせ治療
顎関節症のための咬み合わせ治療

04 顎関節症を治したい

多くの臨床研究や臨床経験から、「顎関節が痛い」、「顎関節に雑音がする」、「口が開かない」という顎関節症3大症状の治療法について、かみ合わせの治療を行うことにより成功をおさめています。安心して治療をお受けください。

歯並びの悪い方への歯列矯正
歯並びの悪い方への歯列矯正

05 歯並びを綺麗にしたい

歯列矯正は、見た目がきれいになるだけでなく、正しいかみ合わせによって心の不調(イライラ、不眠など)から解放されたり、頭痛、肩こりなどの悩みが解消するなどの改善にもつながります。将来的に虫歯や歯周病の予防も期待できます。

ATTENTION

費用について
模倣にご注意
所長 丸山剛郎
GREETING

わたしは、かみ合わせ(「咬合」といいます)に関して、大阪大学歯学部を卒業以来、45年間の永きにわたり研究を重ね、臨床経験を蓄積してきました。 これらを通じて、かみ合わせというものが、人間の全身の健康ときわめてかかわりが深いこと、かみ合わせがおいしく食べるということに直接的に関係があることが分かりました。 これらを、全身健康咬合と臨床生理咬合として2大丸山咬合理論を学問的に明らかにし、丸山咬合学を確立してきました。これらの丸山咬合理論、咬合学をもとに、いろいろな不定愁訴から患者を解放し、全身の健康を取り戻すための医療と、人間の本来の喜びであるおいしく食べるための医療を、丸山咬合医療として、その診査、診断、治療法を確立してきました。そして全国的に年間数百名の患者さんを診断し、治療しています。健康を取り戻した患者さんは、微笑と、よりいっそうの美しさを得て、喜んでおられます。

歯科医学が医学の一部でありながら、口腔にのみ限定してきた過去から、身体全体のことを考え、多くの患者さんの幸せに貢献できる時代が到来していることは、まちがいのないことです。 これこそ、私が永年夢見てきた「健康歯科医学」であり、「幸福歯科医学」なのです。

大阪大学名誉教授
丸山咬合医療クリニック 併設 JIO 日本咬合医療臨床研究所
所長 丸山 剛郎
(まるやま たかお)
丸山 剛郎 略歴
  • 国際歯科補綴学会会長、アジア歯科補綴学会会長、日本歯科補綴学会副会長などを歴任した歯科補綴の世界的権威
  • 歯科補綴46年の専門家で、国際歯科審美学会、アジア歯科審美学会、日本歯科審美学会会長を歴任
  • ヨーロッパ歯科審美学会の名誉会員であり、審美的歯科治療の世界的権威
TV出演新聞などにも
数多く取り上げられています
TV出演
ラジオ出演
新聞・雑誌に掲載
著書
2022年度 無料市民公開講座情報

一般向け

  • 2022年05月22日(日) 市民公開講座in東京のお知らせ【詳細→】
  • 2022年04月03日(日) 市民公開講座in梅田のお知らせ【詳細→】
  • 2022年03月27日(日) 市民公開講座in神戸のお知らせ【詳細→】
  • 2022年02月06日(日) 市民公開講座in東京のお知らせ【詳細→】
  • 2022年02月13日(日) 市民公開講座in東京のお知らせ【詳細→】
【お申し込み・お問い合わせ先】
無料公開講座事務局:
フリーダイヤル 0120-269-012
無料公開講座

丸山剛郎による咬合医療実演をご覧になった脳科学者 澤口俊之先生の感想と
脳科学者 澤口俊之先生の咬合医療体験の記

わたしの講演の後に、丸山先生が、「かみ合わせ」をよくするといろいろな病気が治ったり、より健康になる、というお話をされた。そんな魔法のようなことがあるはずない、と疑いを抱いていた。 丸山先生の「実演」が始まった。講演会の壇上に精気欠いていかにも不健康そうな方が2,3人現れた。先生はちょっとかみ合わせを調べた後、かみ合わせを調節された。すると、である、その方々はみるみる顔色がよくなりきわめて元気になったのである。これはミラクルだ! 私は本当にビックリした。

その頃、私自身、ストレスのせいで、ややうつ傾向にあった。活力も精気も失せ、だるく、やる気が出ない、といった症状である。うつ病の初期、あるいは、男性の更年期障害の兆候だったのかもしれない。そこで、数週間後、丸山先生自身による私への「咬合療法」が始まったのである。

結果は、私のうつ傾向はすっとび、とても元気で、活力もよみがえり、腰痛肩こりなどもなく、仕事のまい進できるようになった。つまりは、健康そのものである。

丸山剛郎著「かみ合わせと健康」(平成15年レベル発行) 澤口俊之先生推薦の言葉より抜粋

脳科学者 澤口俊之先生

さんまのホンマでっか!?TVの
心理学者 植木理恵さんが丸山咬合医療を紹介しています!

心理理学者 植木理恵の新著書(角川書店出版、2011年12月10日)「脳は平気で嘘をつく―「嘘」と「誤解」の心理学入門」に“歯の噛み合わせと心の意外な関係”と題して、彼女の治療体験を通しての考察が記載されています。丸山咬合医療の理解のためにご一読ください。

以下本文より、
 “……これらは基本的にかみ合わせの悪さによって顎、首、肩などの骨格、筋肉のバランスが崩れたり、あるいは血流が滞ったりして、そのために脳にさまざまな弊害を及ぼしているものと考えられている。……”

 全文をPDFで確認していただけます  
心理学者 植木理恵

日本咬合学会のご案内

日本咬合学会は、1988年に第3回国際エレクトロナソグラフィー学会が、当時、大阪大学歯学部教授であり、国際エレクトロナソグラフィー学会の会員であった丸山剛郎の主宰のもとに開催され、これを期に日本エレクトロナソグラフィー学会が発足しました。さらに、1996年に日本エレクトロナソグラフィ研究会を日本咬合研究会と改称、1999年より日本咬合学会に、2008年に特定非営利活動法人日本咬合学会へと改められました。

本会は、全身健康ならびに咀嚼、それらに付随する咬合に関して基礎的ならびに臨床的探究を行い、情報交換の場を提供し、その進歩発展を通して国民の全身健康の向上と健康長寿の獲得に寄与することを目的としています。そして、種々の症状や悩みを持つ患者さまを、その苦痛や悩みから解放し、健康と長寿を与え、幸せにすることを会員一同願って、活動しています。

日本咬合学会
東京センター(銀座)
大阪センター(芦屋)

Copyright© 丸山咬合医療クリニック All Rights Reserved.

メール診療予約